時に生きるか、今に生きるか。

=================

時に生きるか、今に生きるか。

=================

言葉:しゅんせい
写真出典:unsplash.com

=================

「今」に生きることが大切だと言われるのは、

「今」が「過去」と「未来」のちょうど真ん中にあって、「今」が「未来」と「過去」をつないでいるからなのかもしれません。

もしも、自分が「今」にいないと、「過去」と「未来」が分断されてしまいます。

「今」を不在にして「未来」にいる時は「過去」の自分につながらないし、「過去」にいる時は「未来」の自分へとつながりません。

でも、「今」にいる時は「未来」と「過去」のどちらにもつながっています。

「未来」と「過去」のちょうどバランスのとれているところが、きっと「今」なのです。

自分が「未来」や「過去」の「時」に生きるのか、それとも「未来」も「過去」も含んだ「今」に生きるのか。

それは、きっと自分が決めるのでしょう。

文章:しゅんせい

=================

この言葉は、スタッフしゅんせいが、画像を眺めていて思いついた言葉を書いています。

他の言葉は、ブログカテゴリー「言葉」で一覧で見ることができます。