秋の深まるうさとの服 展示会

11月12日~13日に、響きの杜クリニック2階のひびきホールで、「うさとの服 展示会」が開催されました。
今回もたくさんの方にお越しいただきありがとうございました。
うさとの服は、タイやラオスでつくられる手つむぎ・手織り・草木染の自然の服です。

うさとの服のおもしろいところは、作り手が自分たちの感性でつくっていくので、同じ服ができないということです。
糸の紡ぎ方、草木の染め方、柄の折り方など、組み合わせでも変わってくるので、同じような服でも微妙に違ったりしています。

そして、展示会に来るうさとの服も同じものは並びません。
だから、出会いのように服を選ばれている方もいて、これもまたおもしろいところです。

次回は、春頃(4月~6月頃)に開催を予定しています。
確定しましたら、HPでお知らせいたします。
もしご興味のある方はぜひ体験しにお越しください。

※写真はうさとうさぎ

うさとの服展示会の詳細ページ