一面の白いキャンバスのような、「面白い」気持ちで。

=================

一面の白いキャンバスのような、「面白い」気持ちで。

=================

言葉:しゅんせい
写真出典:unsplash.com

=================

「おもしろい」という言葉を考えたことがあります。

「面白い」と書きます。

漢字にすると「一面が白い」という意味になります。

きっと「面白い」というのは、一面の白いキャンバスのように、まだ何も決まっていなくて、何もはじまっていなくて、でもこれからはじまる。

とても自由で、とても創造的で、ワクワクする状態のことを言うのではないかと思います。

そうであれば、いろいろと書きこまれたキャンバス、完成された絵の前でいつまでも悩んでいても面白くありません。

「白紙に戻す」「初心に還る」というのは、「面白い」状態へ還るためのリセットなのだと思います。

もし、いま自分が苦しく感じているのであれば、一度白いキャンバスにリセットしてみてもいいかもしれません。

白いキャンバスには、自由に無限になんでも描くことができます。

これほどワクワクすることはありません。

きっと、これからは「面白く」する時代のように感じます。

文章:しゅんせい

=================

この言葉は、スタッフしゅんせいが、画像を眺めていて思いついた言葉を書いています。

他の言葉は、ブログカテゴリー「言葉」で一覧で見ることができます。