死と再生の瞑想ワーク

8月27日、岐阜県洞戸にあるリトリート「リボーン」で開催された「死と再生の瞑想ワーク」に参加してきました。

リボーンは在宅医療を長い間続けてこられた船戸崇史先生が建てられたがん患者さんのための理想のリトリートで、北海道からも何人もの患者さんが訪れて多くの気づきを得て元気に戻られています。

天外伺朗さんの指導で、死と再生につながる瞑想を学びました。
多くの医師が参加され、がんのサバイバーと瞑想や意見を交換する場はリボーンならではの体験で、とても実りのあるものとなりました。