冷めないのは、自分が火をかけているから。

=================

お湯を置いておくと冷めるように。
怒りもそのうち冷めていく。
いつまでも覚めないのは、
自分が火をかけているから。

=================

言葉:しゅんせい
写真出典:unsplash.com

=================

お湯は、沸かして時間が経つとだんだんと冷めていきます。

怒りは、湧いて時間が経つとだんだんと覚めていきます。

お湯がいつまでもお湯なのは、自分が火をかけているから。

怒りがいつまでも怒りなのは、自分が火をかけているから。

お湯を冷まそうと、水を入れても、火を消さなければ、また沸いてしまいます。

その燃料となっているのは、自分の中で消化のできていない何かです。

それは自分にしか感じることができません。

火の始末は大切ですが、心の火の始末も大切に。

どうぞ、火の用心をしてください。

文章:しゅんせい

=================

この言葉は、スタッフしゅんせいが、画像を眺めていて思いついた言葉を書いています。

他の言葉は、ブログカテゴリー「言葉」で一覧で見ることができます。