明治神宮の「永遠の杜(もり)」

明治神宮の杜は、人の手で植えられた「人工」の森です。
だけど、人の手のいらない循環する杜です。

畑であった土地に、およそ100年前に樹木が植栽されました。
一般的な人工林は、伐採しやすいように一つの種類しか植えないことがよくありますが、この杜は照葉樹を主木として様々な種類の木々が植えられています。
この多様性が杜自身の循環を可能にして、多種多様な生態系を形成しています。

この杜は、これから人と自然の付き合い方のお手本にもなると思います。