記事

テネモス国際環境研究会 飯島秀行先生講演 前夜

2013年6月29日 21:44 / カテゴリ:[ 記事 ]

今日は明日講演していただく飯島秀行先生に北海道にお越しいただきました。
飯島先生の自然のサイクルの技術は響きの杜クリニックでも使わせてもらっています。

今は空気活性器だけですが、これから水活性器や将来的にはフリーエネルギーモーターも取り入れようと考えています。

飯島先生の講演会は明日6月30日13時半から札幌市教育文化会館で開催されます。
当日でも入れます。興味のある方はぜひきてみてください^^

内容は
木を見ても、人を見ても、水を見ても、電気を見ても、自然現象を見ても、
全てのものの根幹にはたった一つの同じ法則性が存在しているということを発見し、
その法則性から物事を考えていくことによって
自然のサイクルに沿った技術を実現できます。
そうすることによって水も電気も物も意識もその性質を変えることができます。

きっと今の世の中に必要なお話だと思います。
今日は丸駒温泉でお話を聞かせてもらいました。
本当にこのお話はオススメです。
少しでも興味のある人は来てみるといいと思います。

明日の時間などの詳細はこちらから見ることができます↓
http://hibikinomori.air-nifty.com/blog/2013/05/post.html

写真は支笏湖

image.jpg
まだ諦めるな!審査落ちても...簡単審査/おー!驚く5つの手順...8分申込/提携
《楽パック 公式サイト》ANA・JAL航空券+宿泊を自由に組合せ
ANAの航空券と、宿予約を一括で!《じゃらん》でお得に自由なプラン
FC2 Management

スーパームーンの夜のまるやまミュージックソン

2013年6月24日 00:54 / カテゴリ:[ 記事 ]

無事今日のまるやまミュージックソン終わりました!
響きの杜音楽ユニット「ひびねこ」も楽しく演奏させていただきました。
今日はたくさんの方にお越しいただいてありがとうございました。

やっぱり音楽は楽しいですね。
音楽が人と人をつなげるというのが少しわかった気がします
素晴らしい文化ですね。

さてまた次回参加したいなと思っています。
詳細が決まったらまたお知らせしますね^^

今日はスーパームーンの日らしいですよ。
お月様が地球に近づいて満月の夜だそうです。
月のエネルギーが強いんだそうです。

今日はふと空を見上げてみるといいかもしれません。
それではみなさんいい夜を。
おやすみなさい(( _ _ ))..zzzZZ

スーパームーン.jpg

定山 心の里

2013年6月21日 22:43 / カテゴリ:[ 記事 ]

今日は「ぬくもりの宿 ふる川」の「森の別邸 定山 心の里」の
グランドオープンイベントに出席させていただきました。

定山 心の里 看板.jpg

「定山 心の里」は北海道の温泉街である定山渓のぬくもりの宿ふる川の裏にあります。

定山渓は定山渓温泉開発の祖である修験者 美泉定山が、
この地に温泉が湧き出しているのを聞き、小樽から山越えをしてこの地を開きました。
そして宿泊施設を建て、病む人を泊めて祈祷と湯治による治療を行いました。

定山渓を開いた修験者 美泉定山の志を受け継ぎ、
元気になって頂く温泉宿にしようと「定山 心の里」を創りあげたそうです。
その志のとおり、気遣いとおもてなしのある施設だったと思います。

星の王子様の一節に「本当に大切なものは目に見えない」とあったけど
ここには見えない気遣いがたくさんあったと思います。

気持ちを込めることって人の心に響き癒すのにつながるんじゃないかと思います。

お母さんが愛情込めて握ったおにぎりと機械が握ったおにぎりの美味しさと感動は全然違うように、
気持ちを込めるとそのもの性質が変わるんじゃないかなと思います。

そんな気持ちのこもった施設だから
これから訪れる人を癒す素晴らしい癒し処になるんじゃないかと思います。
本日はグランドオープンおめでとうございます。



有氣農法種まきツアー

2013年6月16日 21:04 / カテゴリ:[ 記事 ]

今日は南区豊滝で有氣農法の種まきツアーでした!

有氣農法っていうのは佐々木健人氏が開発した農法で、
土の中の微生物を活性化させて作物に栄養やエネルギーを与える農法です。
味が濃厚になり、収量は2倍から5倍になり、作物に硝酸性窒素も入りません。
去年は家庭菜園で試してみたんですが、例年よりたくさん取れてとても味が濃厚でした。

この農法は堆肥を使いません。
その代わり大量の肥料と大量の水とオルガランドという粉末を使います。
肥料は有機物なら何でもよく、生牛糞・生豚糞・籾殻・米ぬか・木の枝などなど
なんと古新聞・古ダンボールでもできるらしいのです。
うーんけっこう気になるけど、ちょっと試して見るには気がひけますね。

土の中の微生物がオルガランドによって活性化しているから、
何でも分解してしまうのだそうです。
写真は、36坪の広さに今回は米ぬかを1トン以上いれた図です。
それでオルガランド(花の精)という粉末を希釈した大量の水を撒きます。

米ぬか まき.jpg


水まき.jpg
作物が肥料を吸収しているわけではなくて、
微生物が肥料を分解して作物に栄養とエネルギーを与えているわけだから、
発酵と微生物のこの仕組みはホント大切だと思います。

さて農作業が終わった我々一行は、
汗を流すために「ぬくもりの宿 ふる川」に行ってきました。
個人的にここの宿はおもてなしが良くてオススメです。
そして新しくできた「定山 心の里」を体験させていただきました。

ここは足湯とかお菓子とか茶室とかとてもリラックス出来るくつろぎスペース。
着いたときは疲れて眠かったけど、帰るときは元気になったなあ。
ここは今はまだプレオープン期間で宿泊の方専用みたいですがオススメです。
機会がある人はぜひ一度行ってみてはいかがでしょう。

ふる川.jpg

中国気功特別セミナー

2013年2月28日 15:10 / カテゴリ:[ 記事 ]

響きの杜クリニックでは昨年1月に日中医療気功センターを開設し、中国特別気功セミナー、中国医療体験ツアーを開催してきました。
これまで五環養生操、一指禅功、中華養生益智功、泰山功、超潜在意識言語(信霊語)の習得のセミナーを行ない好評をいただいております。
今年も中国から李秀麗師、李東師をお呼びして中国特別気功セミナーを開催することになりました。

<中国特別気功セミナー>


◎ 信霊語マスター講座      3月3日(日) 10:00~12:30 

  参加費 3000円

  信霊語とは、特殊レベルの中国気功やチベット密教で使われている言語で、この特殊な言葉を媒介とし言霊を利用して超潜在意識の情報をキャッチし自分や他の人の能力を開発することができます。
今回は、今までの信霊語マスター講座に参加された方の復習のための講座ですが、信霊語が初めての方でも体験参加が可能です。                      
◎ 五音化気法マスター講座    3月3日(日) 14:00~16:00 

  参加費 4000円

 五音化気法は医療気功の一種で、古くから中医家が治療によく用いる方法です。
五 臓(肝 心 脾 肺 腎)と六腑(胆 小腸 胃 大腸 膀胱 三焦)にはそれぞれに共振する音である五音があります。それぞれの音を使った六文字の発音て各内臓の邪気を取り出し正気を扶証することができます。                                    

◎ 中国気功セミナー「自分の病気は自分で治す」 4回シリーズ

 3月6日(水) 7日(木) 11日(月) 12日(火) 19:00~21:30 
   
 参加費 各回 5000円  4回通し参加 16000円

 このシリーズでは、前回に引き続き、中国で一番広く行われている中国養生益智功と泰山功をさらに深めます 。
中華養生益智功では蛹动贯气法、颤动功などを習得し、陰陽の平衡、減肥(ダイエット)、腹式呼吸、発気法、経絡疎通法を習います。
泰山功では、陰陽マークの上で身体を動かすことで、自然と身体に気が流れ、全身の調整が可能となる方法を習います。
また、今回は新たに五音化気法という医療気功を加え、今までのセミナーでマスターしたものを復習していきます。
さらに時間があれば、6種類の動作だけで、イメージしなくても体を自動的に調整出来る方法や、
オーラを観る方法、気功治療の方法を教えていただきます。
中国の本格的な気功を知りたい方、気功を使って自然治癒力を発揮させたり自分の病気を治したい方、また気功で他の人の病気を治したい方は是非ご参加ください。
もちろん初めてでも参加が可能です。 また「自分の病気は自分で治す」シリーズは4回参加を原則としますが、1回でも楽しめるように企画しています。

*部分参加の方はメッセージに参加日を記入してください。


会場:   響きの杜クリニック 2階 ひびきホール

お申し込みはこちらから


李秀麗師プロフィール

 7才の時に肺炎、11才で肝硬変、そして29歳のときに歩行困難な難病にかかる。失 意の中で五台山に参詣した時に、弟子を捜していた馬桂栄師と運命の出会いを得る。馬師の治療により、10ヵ間で大病が改善し3年で完治して弟子入りを決意 する。修行を開始し4年後、他人への治療能力を身につける。予測能力、透視能力(第三の眼)、風水判断、病因診断、調整能力を持つ。以後9年間、常に師の 元を離れずに修行し、独自の治療能力を持つようになる。また、師の描いた心霊文字を解読できる唯一の人間である。カルマや風水をみる力に優れている。が ん、鬱病、神経性頭痛、心臓病、喘息、リュウマチ等の施療も得意とする。李秀麗師は昨年5月の中国医療気功体験ツアーで特に人気が高かった気功師。

李東師プロフィール 

  中国医学気功研究会終身会員、中華養生益智功特異治療師、泰山功の1級講師、超常能量治療師、信霊語の伝授師、30年で何十種類の気功を修業して、他人の 潜在能力の開発力を持つ。1993年留学のため来日、留学中、道新気功教室、気功サークルで等10年間気功の指導を行っていた。現在、北京在住。響きの杜 クリニックでの中国気功療法を発展させるべく日中の架け橋となって奮闘している。

ソングふ〜ゆ~円山 満員御礼

2013年2月19日 02:21 / カテゴリ:[ 記事 ]

昨日は円山の音楽祭「ソングふ〜ゆ~円山」が開催され円山は熱気に包まれました。
響きの杜クリニックスタッフのユニット「ひびねこ」も今回無事デビューを飾りました。
おかげさまで会場は満員となり最高のデビューとなりました。

お越しいただいた皆様、今回この機会を下さった皆様に感謝いたします。
最後に会場のみなさんと歌った「やさしさに包まれたなら」がまだ耳に残っています。
楽しかった証拠ですね。

さてさて「ひびねこ」は6月の円山の音楽祭「まるやまミュージックソン」に出演調整中です。
詳細が決まりましたら、またご連絡いたします。
今回のこの楽しい時間を過ごさせていただきありがとうございます。

maruyama.jpg

味噌作り教室

2013年2月17日 01:33 / カテゴリ:[ 記事 ]

おかげさまで今日の味噌作り教室も無事終了しました。
ウチも手前味噌を仕込みました。
熟成して味噌になるのが楽しみです。

去年自分で仕込んだ味噌は本当に美味しかったです。
ちょっと自慢したくなる「手前味噌」の由来も納得です。

「医者に金を払うよりも、みそ屋に払え」
「味噌汁は朝の毒消し」ということわざがあるくらいですから
味噌や調味料の重要性がわかります。

発酵の力はこれからもっと必要になっていくのではと思います。
そんなわけで時間はかかりますが、こういうのって楽しみでいいですよね^^

味噌作り.jpg

食と健康と話し合い

2013年2月 3日 00:53 / カテゴリ:[ 記事 ]

今日は身土不二で健康と食の話し合いをしてきました。

こういうのって可能性が広がっていいですよね。

またお話を聞いていると食への考え方が刺激されます。

衣食住この調和が取れるときっと意識も身体も調和が取れると思います。

一つだけでなく全体的な捉え方夢と可能性が広がります


image.jpeg

北海道健康づくり宣言 開催

2013年1月29日 15:52 / カテゴリ:[ 記事 ]

1月27日の「北海道健康づくり宣言」共済セミナーが開催されました。
今回講演と施術ブース・体験ブース・展示ブース、ボディーワークの体験スタジオを
一緒に開催するという新しい試みでしたが盛況のうちに終えることができました。
お越しいただいた皆様、参加者の皆様本当にありがとうございました。

今回のこの宣言から自然や食など北海道の特質を生かした
全体性を持った健康づくりに取り組んでいきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

日が昇る

2012年12月28日 21:42 / カテゴリ:[ 記事 ]

「伊勢神宮特別参拝」

今回はうさとのミーティングの他に伊勢神宮内宮正式参拝とご祈祷を受けさせていただきました。
この時期に行ったのはうさとジャパンさんの計らいでした。

「こころのふるさと伊勢神宮」というように
最初に参拝に行った時に少しなんとも言えないものがこみ上げました。

僕はマヤ暦、フォトンベルト、天皇誕生日、クリスマスなど
重なっているのはなんだか意味があるような気がします。
またこの時に大きい変化があったと思います。
見えない部分でかもしれませんが、
それは節目であり、ひとつの時代が終わり、はじまったのだと思います。

一日で見れば、朝がきて昼がきて夕がきて夜がくる。
朝はみんなの目が覚めて活動しはじめる。
昼はみんなが活動的になり活発になる。
夕はみんなの活動が落ち着いてきて、夜の準備をする。
夜はみんなが次の日に向けて眠る。

一年で見れば、春夏秋冬
春はみんなの目が覚めて活動しはじめる。
夏はみんなが活動的になり活発になる。
秋はみんなの活動が落ち着いてきて、冬の準備をする。
冬はみんなが次の春に向けて眠る。

だから時代で見れば、
この前までは次の時代に向けて眠っている(準備)期間で、
これからは、みんなの目が覚めて活動しはじめる時代なんだと思います。
だからこれからは時代の変化が早くなっていくのかもしれません。
また新しいことをはじめやすいのではとも思います。
つまり初心に帰って今までの反省を胸にまたはじめていく。

この時代の変わり目に天照大御神の祀られているこの伊勢神宮で迎えられたことを嬉しく思います。
今までは個より大きな流れを優先させる時代だったと思いますが、
これからは個々と全体性の時代になるのではないかと思います。

これから日が昇り、
いろんなものが照らしだされるかもしれませんが、
自分がクリアであれば、またはクリアにしていけば、
光の時代が待っているのかもしれません。

伊勢神宮を案内してくれた方がこんな言葉を教えてくれました。
「世直しは余直しである」


055 縮小版.jpg
写真は伊勢神宮内宮 宇治橋鳥居より 冬至は鳥居の真ん中から日が昇るのだそうです。