8/4(土)ウォン・ウィンツァン~魂の表現ワークショップ~

「ウォン・ウィンツァン~魂の表現ワークショップ~」

【日時】8月5日(日)12:00~17:00
【会場】響きの杜クリニック2階 ひびきホール
【参加費】10,000円
【定員】30名
*動きやすい服装でお越し下さい
【ファシリテーター】ウォン・ウィンツァン /ウォン美枝子
【お申し込み】電話  011-616-3228

【ファシリテーター 紹介】
瞑想のピアニスト  Wong WingTsan (ウォン・ウィンツァン)

ピアニスト、作曲家、即興演奏家

1949年神戸にて、香港出身の父、日本と中国のハーフの母との間に生まれ、
1歳より東京で育つ。19歳よりミュージシャンのキャリアをスタートし、ジャズ、
前衛音楽、フュージョン、ソウルなどを演奏、24歳で全米コンサートツアーを経験。
その後、スタジオレコーディング/ステージミュージシャン、
作編曲家として活動を続ける中、自らの音楽を模索した。
87年、瞑想の体験を通して自己の音楽の在り方を確信し、90年よりピアノソロ活動を開始。
この頃に現在の即興演奏を中心にしたピアノソロ・スタイルが生まれる。
92年、インディーズレーベル SATOWA MUSIC を発足、ファーストアルバム「フレグランス」が
FMから火がつきロングセラーに。以後コンスタントにアルバムをリリース、
その数は30タイトル近くになる。
代表作に「Doh Yoh」「エイシアンドール」「光の華」「青の龍」など。また、
NHKスペシャル「家族の肖像」、BShiスペシャル「中国世界遺産 九寨溝」、
現在放送中のNHK「にっぽん紀行」Eテレ「こころの時代」のテーマ曲も手掛ける。

ピアノソロ・コンサート、とくにインプロヴィゼーション(即興演奏)では、
音の力でオーディエンスの深い意識とつながり、解き放たれた静寂空間を創り出してゆく。

超越意識で奏でるその透明な音色に「瞑想のピアニスト」と呼ばれている。
2005年よりセラピストの故・吉福伸逸氏に師事。
トランスパーソナル心理学を学び、グループセラピーのファシリテーターとして活動する。
ウォン・ウィンツァン&ウォン美枝子による「魂の表現ワークショップ」を展開。
<本当の自分に出会う>ワークショップを開催している。

◇Wong美枝子 ウォン・ミエコ
クリエイター。商業空間設計、デザイナーとして多くのプロジェクトに参加。
コンテンポラリーダンスの世界でも国内外の舞台を経験。現代舞踊協会会員。
近年は、ウォン氏と共に、音楽、美術、瞑想、身体を通して
自分と向き合うワークショップを展開。
趣味は太極拳と英語劇。

【主催】響きの杜ネットワーク
【お問い合わせ】
TEL:011-616-3228  Email:hibikinomori.network@gmail.com

ウォン・ウィンツァン ホームページ

*8月4日(土)に、札幌ルーテルホールで
「ウォン・ウィンツァン ピアノコンサート」が開催されます。
クリニック2階窓口でもチケット販売しています。
前売り:5,000円